ブロック解除に出会う前

私はいつも子供にイライラしていた

片手に軽く触れるだけ、3分で1個心のブロック解除

潜在意識を味方に付けて、思い描いた未来を手に入れる。

マインドブロックバスター® 西尾茉莉まつりです。

 

下の子が3歳になりました。

下の子が生まれてから、上の子との関係が激変しました。

2人目の出産を機に育児が辛い時期がしばらく続きました。

 

あれから3年・・・。

3年経ったんですね。

 

いろいろ思い出したので、同じようなことで悩んでいる方に向けて書いてみます。

 

救いを求めた親子留学

 

泣き顔の写真

 

私はいわゆる「上の子可愛くない症候群」でした。

→これについては追って書いていこうと思います。

 

ずっと娘との関係をなんとかしたいと思っていました。

悩んで悩んで、救いを求めるように親子留学をしました。

 

私が選んだ学校は、家政婦さんが付いてくれて家事全般やベビーシッターをしてくれるところでした。

ベビーシッター付き、それはつまり、上の子と2人だけの時間を作れるということです。

 

甘えさせてあげよう。

娘とちゃんと向き合おう。

2人だけの時間をたくさん作って、楽しく過ごそう。

 

そう決意して母子3人で2週間の親子留学のため、セブに行きました。

娘が年長、息子が2歳でした(そう、つい半年ほど前のことです)。

 

留学2日目の出来事

 

学校初日、下の子を家政婦さんに預けて上の子と2人だけで学校に行きました。

初日はオリエンテーションのみで、近くのモールに案内してもらった後、お昼前に解散になりました。

 

ここで、娘と2人だけで美味しいランチを食べよう。

そう思って楽しみにしていました。

モールの中を2人で歩いてお店を探します。

 

娘が、ここで食べたいと言ったお店はファーストフード。

私は、せっかく2人だけだから下の子が一緒だとなかなか行けないようなお店に行きたかったのです。

そこはまた3人でも来れるから、今日は2人じゃないと行けない別の所にしようよと言っても聞きません。

 

他のお店も見てみようよ、あっちにもほらあるよ、せっかくだから別のところにしない?

しかし、

「やだここがいい!」

と言って店の前から動かず、ついには泣き始めました。

 

私はイライラしていました。

 

せっかく来たのに。

せっかく2人で楽しくランチしようと思っていたのに。

 

そして、

「ここはダメ!」

と言って手を引っ張って連れて行こうとしました。

 

娘はさらに激しく泣きました。

 

「どうしてダメなの?どうしてダメなの?」

と言います。

 

私は怒りでいっぱいでした。

 

こんなんじゃ日本にいるときと一緒じゃないの。

何でいつもこうなるの?

セブに来たら楽しく過ごせると思ってたのに。

 

そして、具体的な言葉は忘れてしまいましたがひどいことをいっぱい言いました。

私は今酷いことを言っているな、と冷静に自分を見ていて、それでも私は言うことをやめられませんでした。

 

娘が少し落ち着いた後、グルグルと広いモールの中を歩き回り、やっと2人の意見が合うお店があったのでそこに入りました。

イタリアンのお店で、娘が最初に食べたいと言ったピザもありました。

 

席について、注文をして、さっきはごめんねと誤りました。

娘が喜ぶだろうと、いつもは頼まないジュースも頼みました。

 

ジュースの写真

 

 

最初にジュースが来て、娘は自分が頼んだジュースではなく、私のジュースをすごい勢いで飲みます。

ママの分なくなっちゃうからもうおしまいにして、と言っても自分の所に引き寄せて絶対に渡しません。

そして食事が運ばれてきて、これは美味しくないとか、食べたくないとか言い出したのです。

 

ピザの写真

 

また私はイライラして、いいから食べなさいよ、とキツイ口調で言いました。

 

本当は仲良くしたいのに、いつもうまくいかない。

どうしていつもこうなの?

 

娘と再び心を通わせられるようになった転機の留学でしたが、実は、最初のほうはこんな感じでした💦

(この後、マインドブロックバスターと出会いさらに娘との関係が好転しました。)

 

マインドブロックバスターになった今だからわかること

 

この後、私はマインドブロックバスターの養成講座を受け、自分で自分のブロックを解除していきました。

いろいろな気持ちが浮かんでくる中、何度も繰り返しブロックを解除しました。

 

当時のことを思い出しながら書きましたが、今となってはわかります。

 

全部私の押しつけでした。

私は理不尽で、傲慢で、自分本位でした。

 

  • 2人だけで楽しくご飯を食べたかっただけ、だったら本当はファーストフードでもよかった
  • 娘がどうしてもここがいいと言い張ったのは、淋しかったから、私に受け入れて欲しかったから
  • 自分の理想のプランに執着し、娘の気持ちに寄り添ってあげられなかった
  • 「全部この子の思い通りにさせたら勘違いした人間になってしまう」という思い込みがあった
  • (下の子のことで)「この子はいつも私の大切にしているものをどうにかしようとする」というブロックがあった、だからジュースのことくらいですごくイライラした

 

せっかくだから、そのほうがいいはず、それに振り回されて本質を見失っていました。

 

「2人で楽しく過ごす」という一番大事なことと正反対のことをしていました。

そして私が、無意識に自分で望んで、2人の楽しい時間を台無しにしました。

 

イライラも怒りも私が求めていた

 

イライラ

 

私の潜在意識は不機嫌な自分を選んでいたのです。

 

そうやって私は、いつでも、どこにいても、いつも娘にイライラしていました。

イライラをぶつけ、反省して謝り、でもまた繰り返し、自分を責めていました。

 

私は自分が被害者だと思っていました。

 

苦しかったです。

 

怒りたくない、本当は優しいママでいたいともがきながら、それとは裏腹に潜在意識では怒ることのメリットを握りしめていたのです。

→怒りのメリットについては別の機会に書きます。

 

現在の親子関係

 

親子

先日、子供2人を連れて出掛けて、帰り道に笑い合いながら歩いていて、とても幸せだなあと感じました。

そして、一度もイライラしなかったことに気がつきました。

 

ほんの半年前まではあんなにもイライラをまき散らしていたのに!

今は子供と笑うことが増えました。

 

当時の私を責めるつもりはありません。

 

あの辛い時期があったからこそ、今の私がいるからです。

そして、辛かったね、頑張ったね、とねぎらってあげたい気持ちです。

 

もちろん、子供には嫌な思いをたくさんさせてしまったことは反省しています。

もしかしたらこれからも同じような思いをさせてしまうかもしれません。

 

だけど私はもうあのときの私には戻りません。

辛い思いをさせた分、これからたくさんの愛情を注いでいくと決めています。

今の私ならそれができるという自信もあります。

 

ブロック解除を続けていって、ある日気がついたら私は変わっていました。

 

いや、私自身は変わっていないかもしれません。

でも、何かが変わりました。

 

だから大丈夫です。

今悩んでいるお母さんも、絶対にあのときは辛かったな、といつか振り返ることができるときがきます。

だから自分を責めないで。

 

 

ブロック解除って何?

ブロック解除が気になったら、ぜひお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから。
(https://rose-bebe.com/contact)

 

心のブロック解除お試しのご案内メールによる遠隔ブロック解除をお試しいただけます。解除後、ブロックのイメージと解除のイメージをお伝えします。...